« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

09/24の仙台空港

今日は暗くなるまで粘ってみましたがやっぱり難しい。1/30秒~1/40秒ですが、ピクセル等倍で見るとブレているのがハッキリ分かります。

何か手軽で即効性のある練習方法はないものだろうか?(^_^;

撮影機材:Panasonic DMC-FZ30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

09/16の仙台空港

特に目的の機体があるわけでもなく、何となく仙台空港へ。約3ヶ月ぶりです。

あまりにも暑かったので帰りかけると『USJ』マーキングのANA機が・・・
キツツキさん、初めまして。

撮影機材:Panasonic DMC-FZ30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

陸羽東線全線開通90周年記念

9月8日と9日に陸羽東線(小牛田~新庄間)をD51が走るイベントがあった。それに先立って2日~6日にかけて試運転が行われたので撮りに行ってきた。

本番当日は沿線は何処も人で溢れかえるだろうし、乗客が手を振っているところなど撮りたくない。それに記念エンブレムなど付けていない素のD51を撮りたかった。
それ以上に雨が降る可能性もある。航空イベントと違って雨が降っても走らせるだろうが雨の中で撮影する気にはならない。

撮りたいポイントと構図が幾つかあったが、期間中に走るのは1日1本のみ。今日は此処で明日は此処と連日の撮影行である。

SLを撮るならモクモクと煙を吐いているところを動輪やロッドをぶらして撮りたいと思っていた。
しかし何と言ってもSL撮影初体験。狙ったポイントの中にはしょぼい煙しか吐かない場所もあったし、思ったほどスピードが出ておらず。かと言って滅多にない機会だから思い切ってシャッタースピードを落とすことも出来ずで、満足できる写真が非常に少なかった。

また機会があったら是非とも自分なりに満足のいく写真を沢山撮りたいものだが、さて次は何時になることやら。

撮影機材:Panasonic DMC-FZ30

| | コメント (2) | トラックバック (0)

にわか鉄道マニア

私は今まで鉄道写真を撮ったことが無い。飛行機以外の写真はあまり撮りたいと思わないのだ。しかしSLとなると話は別で以前から撮ってみたいと思っていた。しかもD51ともなれば尚更だ。

地図を見ながら撮影ポイントと構図をあれこれ考える。とは言っても初めて撮る鉄道写真だからそのポイントが良いかどうかは撮ってみなければ分からない。
ここは当たりだったようだ。早めに行ったが既に数人のマニアが三脚を立てていた。そして時間が経つにつれ三脚を担いだカメラマンが続々と集まってくる。おそらく別のポイントで撮影してから追いかけてきたのだろう。

絶好の撮影ポイントは危険な場所であることも多く、そういう所はJR職員や警察が巡回して警戒している。ここにもJR職員と警官がやって来て「列車が停まってしまうから絶対に線路内には入らないように」と釘を刺す。
「そこならOK」とお墨付きをもらった位置でスタンバる。

私は最前列の三脚の前に了解を得た上でしゃがみ込んだ。ローアングルで迫力を出したかったから。
三脚使いの本当の鉄道マニアはこの構図をどう評価するだろうか。もしかしたら邪道だと言うかもしれない。「でも、そんなの関係ねぇ!」である。所詮は趣味の世界。自分が撮りたいように撮る。それが一番だと私は思う。

とは言え、この写真は失敗である。
もう少し早いタイミングでシャッターを切りたかったのだが若干遅れてしまった。飛行機撮影でもよくやるチョンボである。
シャッター速度ももっと遅くしてスピード感を出したかったが、滅多に無い機会だから安全パイに走ってしまった。惜しい1枚だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビョーキ

どの世界にも病んでいる人はいる。と言っても医学的な病のことではない。

D51が来るのを待っていると後から来た人が声をかけてきた。話をすると、D51を撮影するために遙々滋賀から来たという。新庄から追いかけて数箇所で撮影してきたそうだ。

別の日、近くにこんな機材を据えている人がいた。一つの三脚にスチルカメラ3台とビデオカメラ1台が乗っている。話していないで何処から来たかはわからない。
プロカメラマンかもしれないが、アマチュアだとしたらこの人も重い病に侵されているのだろう。

私は飛行機好きだが、そっち方面でも大勢いる。日本中ブルーインパルスを追いかけている人。全国の航空祭を廻っている人。その中には私より遙かに年上の年輩者もいる。

数万円のレンズ一体型カメラ一つ持って、近場の松島基地や仙台空港で遊んでいる私はまだまだ症状が軽い方だ。もっとも宝くじが当たったら症状が一気に悪化する危険性は秘めているのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノスタルジー

私が子供の頃は列車と言えばSLが当たり前だった。勿論、都会では電車が走り回っていたが私の故郷は田舎だったから。山間部を走るので多分D51だったと思う。

私はSLに乗るのはおろか近づくのも嫌だった。ススが付くのが嫌だったし音も怖かった。それでも旅行に行く時などは他に移動手段が無いから乗らざるを得ない。
当時は冷房など無く天井に扇風機が付いていた。夏場は客車の窓は開け放たれていてトンネルに入るときには一斉に閉める。しかし、中には閉め忘れる乗客もいて、それが近い席だったりすると悲惨なことになってしまうのだ。

今では昔SLが走っていた路線も殆どが電車かディーゼルに変わり、走っているSLを見られる機会は滅多に無い。
イベントか何かで偶に走ると大勢の人が一目見ようと押し寄せる。大人たちは昔の旅を思い出し、懐かしく思うだろう。

何十年か後、電車もディーゼルも見られなくなるかもしれない。そしてそれが偶に走る時、大人になった今の子供達も平成の世を懐かしむだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あっ!

コンビニで用を足そうとトイレのドアを開けたら「あっ!」と声がした。オバチャンが座ってた。
私も驚いて「あっ!」と言って閉めた。謝りはしなかった。誰も入っていないと思って開けたのだから。
誰もオバチャンが用を足しているところなど見たかぁない。鍵くらいチャンと掛けておけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超高速連写カメラ登場

価格.comのFZ50板でカシオの新機種の話題が上がっていた。

600万画素で最大60枚/秒の連写が出来るそうな。しかもプリキャプチャー搭載。凄い連写性能です。
七つ前の記事に載せた写真。飛行速度が約780km/hなので、3枚/秒だとコマ間で約72m移動してしまいますが60枚/秒なら3.6m。対進しているので相対速度は倍になるけど、この連写性能なら重なったところを撮れる確率がかなり高くなりそうです。

しかし600万画素は少し物足りない気も。戦闘機のような小型機だとトリミングすることが多いから少なくとも800万画素、出来れば1000万画素欲しいかな。

ズームは35mm換算で35~420mmの12倍でインナーズームのようだからFZ30と同じ。
ただ、画像を見るとズームリングらしきものはあるけど、どの関連記事にもマニュアルズームとは書いてないし、シャッターボタン周りを見るとパワーズームかとも思えます。
マニュアルズームのほうが断然使いやすいから気になるところです。

まだ試作機段階でAF性能等詳細不明な部分が多いですが、一瞬のシャッターチャンスを捉えたい場合に使ってみたいカメラです。

ところでパナさん、FZ50の後継機は出さないんですか~?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »