« あっ! | トップページ | ビョーキ »

ノスタルジー

私が子供の頃は列車と言えばSLが当たり前だった。勿論、都会では電車が走り回っていたが私の故郷は田舎だったから。山間部を走るので多分D51だったと思う。

私はSLに乗るのはおろか近づくのも嫌だった。ススが付くのが嫌だったし音も怖かった。それでも旅行に行く時などは他に移動手段が無いから乗らざるを得ない。
当時は冷房など無く天井に扇風機が付いていた。夏場は客車の窓は開け放たれていてトンネルに入るときには一斉に閉める。しかし、中には閉め忘れる乗客もいて、それが近い席だったりすると悲惨なことになってしまうのだ。

今では昔SLが走っていた路線も殆どが電車かディーゼルに変わり、走っているSLを見られる機会は滅多に無い。
イベントか何かで偶に走ると大勢の人が一目見ようと押し寄せる。大人たちは昔の旅を思い出し、懐かしく思うだろう。

何十年か後、電車もディーゼルも見られなくなるかもしれない。そしてそれが偶に走る時、大人になった今の子供達も平成の世を懐かしむだろうか。

|

« あっ! | トップページ | ビョーキ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90249/16370901

この記事へのトラックバック一覧です: ノスタルジー:

« あっ! | トップページ | ビョーキ »