« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

NV-SB540DT用の動画

NV-SB540DTで再生する動画を作るための覚書


NV-SB540DTの仕様では再生できる動画は次のようになっている。

フォーマット:MPEG4、拡張子:MP4,ファイルサイズ:最大512MB
ビデオトラック(MPEG4 Simple Profile Level 3まで)
解像度:QVGA(320×240)、フレームレート:15/30fps、ピットレート:216k~1.0Mbps
オーディオトラック(AAC-LC形式)
サンプリングレート:24/48kHz、ビットレート:64~128kbps
2チャンネル以上の音声データを含む映像は再生不可


ソフトは『XMedia Recode』を使うものとし、以下のように設定する。

「形式」タブ
  プロファイル:カスタム
  形式:MP4
  ビデオコーデック:MPEG4
  音声トラック1コーデック:AAC
  音声トラック2コーデック:AAC
  音声/ビデオの同期:ON
  出力ストリーム:ビデオ+音声

「ビデオ」タブ
  言語:なし
  フレームレート:30
  レート調整モード:平均ビットレート
  ビットレート:取り敢えず500(「リスト」タブでファイルサイズを確認しながら調整する)
  GOP長さ:15
  カラーモード:YUV 4:2:0 Planar
  グレイスケール:OFF
  Deinterlace:OFF
  Trellis:OFF
  ビデオコピー:OFF

「音声トラック1」タブ
  音声トラック:1,MP3 56ビットレート 2チャンネル
  言語:なし
  サンプルレート:24000
  レート調整モード:平均ビットレート
  ビットレート:64
  チャンネル:Mono
  MPEG Version:MPEG-4
  オブジェクトの種類:LC(Low Complexity)
  出力形式:ADTS
  ローパス:0
  音量補正:音量変更
  音量:100
  TNS:OFF
  Mid/Side:OFF
  音声コピー:OFF

「音声トラック2」タブ
  音声トラック:なし
  以下の項目は設定不要

「クロップ/プレビュー」タブ
  解像度
    幅:320
    高さ:240
    スケーリングモード:Bicubic
    アスペクト比:4:3
    拡大:なし
    正確なアスペクト比:OFF
    アスペクト比を保持:OFF
  追加(元映像によって異なる→後述)
    上:
    下:
    左:
    右:
  デブロッキング
    設定しても然程効果が無いような・・・
  上記以外は設定なし

「タグ」タブ
  全て空白


アスペクト比の問題

NV-SB540DTの画面の解像度は480x240(2:1)であるが、縦横のドットピッチが正方ではなく、画面の物理的アスペクト比はおよそ16:9となっている。したがってPCのように正方ピクセルの画面で普通に見える映像をNV-SB540DTで再生すると縦あるいは横に伸びて不自然になってしまう。

例えば映画『ステルス』の映像はかなり横長であるが、そのままだと縦長になってしまうので上下に余白を入れなければならない。
※『ステルス』の映像を貼ると著作権問題が絡むので自分が撮った写真を同じ比率でトリミングして使っている。

また、320x240の映像では横長になってしまうので左右に余白を入れなければならない。

この追加する余白を何ピクセルにするかは元の映像で異なるのでこのページで算出する。
ここで算出した値を「クロップ/プレビュー」タブの「追加」で上下あるいは左右に割り振って設定すれば自然なアスペクト比の映像になる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

久々のPC組み立て

久しぶりにPCを組み立てた。

CPUはi7-860でマザーはP7P55D、メモリはDDR3-1333を4GB。VGAインターフェースがPCIExpressで今のAGPカードが使えないからGeforce GTS250チップのカードに変更。電源容量も心もとないのでこれも変更。結局、ケース内はドライブ以外は総入れ替えとなった。

Windows7 Hpme Premium(64)のパフォーマンステストの結果。

プロセッサ:7.5
メモリ:7.5
グラフィックス:7.0
ゲーム用グラフィックス:7.0
ハードディスク:5.5

PC環境が変わって一番気になるのがShadeのレンダリング速度。どれ位速くなったか、Radiosity\sample_room.shd、05_BenchMark\mirror.shd、05_BenchMark\shadebox.shdのレンダリング速度を前の環境と比較してみた。
上段がPentium4 2.4G、WindowsXP(32)、Shade10.5.3(32)。下段がi7-860、Windows7(64)、Shade10.5.3(64)。期待以上に速くなった。(^_^)

sample_roommirrorshadebox
00:13:1800:04:3800:03:56
00:02:4800:00:1600:00:17

因みにmirrorをレンダリング中のタスクマネージャを見ると8CPUがフル稼働している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »