« 2010年6月 | トップページ | 2010年9月 »

64bit Windows 7でWS007SHを使う

XPモードもどきでWS007SHをモデムとして使えるようになったが、その後も情報を探していたら64bit Windows 7でAdvanced W-ZERO3ことWS011SHをモデムとして使っている方がいた。
その方法は、sysファイルは使わずinfファイルだけ書き換えて認識させるというもの。

WS011SHで出来るならWS007SHでも出来るだろうと、真似てやってみたら見事にWS007SHをモデムとして認識してダイアルアップ接続が出来た。
素晴らしい。ヘニックスさんに感謝。


■手順

1.WS007SH付属のCDにあるsymmd2.infを適当な場所にコピーして編集。
2.EC1400-41にWS007SHを繋ぐ。
3.デバイスマネージャーでWS007SHを右クリック。ドライバの更新でinfファイルがあるフォルダを指定。
4.何やら警告が出るが無視して続行。


どうせなら画像を変えたいところだが面倒だからいいか。


このデバイスは正常に動作しています。

接続先はWS007SH単体での接続先と同じでOK。

こんな簡単なことをシャープが公開しないということは何か問題があるのかも知れないが、一寸試したぶんには特に問題なさそう。このページのリロード時間もXPモードもどきと変わらない。
せっかく作った仮想マシン環境がたった1日で無用になったのは一寸複雑な気分だが。(^_^;


一応、編集したinfファイルを置いておきますので試したい方はどうぞ。→ 改造inf
但し、何があっても責任はとれませんので予めご了承ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EC1400-41でWS007SHを使う

Gateway EC1400-41にはWindows 7 Home Premiumの64bit版がプリインストールされている。出来れば32bit版を使いたいが32bit版は付いてない。リテール版のWindows 7は32bitと64bit同梱なのにねぇ。

さて、このEC1400を外出先でネットに繋ぐのにW-ZERO3[es]ことWS007SHのモデムドライバが必要なので、入手しようとシャープのサイトに行ってみるとVista用ドライバはあるものの64bit Windowsには非対応と書いてある。サポートに問い合わせたら64bit版は作る予定がないとの事。え~、そんなぁ。マジっすか?(T_T)

ネットに繋げられないと困ることもある。デスクトップマシンをWindows 7にする前に使っていたWindows XPもあるし、Virtual PCで何とかならないかと思ってやってみた。後々のために覚書として記しておく。


■環境構築

1.Windows6.1-KB958559-x64.msu(Virtual PC)をインストール。
2.仮想マシンを作成。メモリは512MB、ディスク領域は5.5GB固定とした。以下、仮想マシンでの操作。
3.Windows XPをインストール。
4.Windows UpdateでとりあえずSP3のみ当てる。
5.仮想マシンの統合機能を有効にする。これでマウスの動きがスムースになり、ウィンドウ外にも自由に行き来できるようになる。
6.エクスプローラーの表示設定等、諸々の環境を整える。
7.Windows Updateでその他のパッチを当てる。
8.WS007SHを繋いで、WS007SH付属のCDからモデムドライバをインストール。
9.KB961742-v3.exe(仮想アプリケーション有効化)をインストール。
10.ALL UserのプログラムフォルダにIEのショートカットを作る。これによりWindows 7のデスクトップ上に仮想マシンのIEのウィンドウ表示が可能になる。

ところで、統合機能でディスク共有を設定すると、仮想マシン起動時にログオンパスワードを求められる。パスワードなんか設定してないのに入れろと言われても・・・
で、その対処法。

1.その状態で仮想マシンを閉じる。
2.仮想マシンの設定でディスク共有をOFFにする。
3.仮想マシンを起動して、XPのコントロールパネルからログオンパスワードを設定する。
4.仮想マシンを閉じる。
5.仮想マシンの設定でディスク共有をONにする。
6.仮想マシンを起動して上記パスワードを入れる。この際、資格情報を記憶するにチェックを入れておけば次回からはパスワードを聞いてこない。


■運用

1.仮想マシンを起動する。
2.WS007SHを繋ぎ、上部メニューの「USB」からモデムを接続する。


3.ダイアルアップ接続してネットに接続。さすがに64kbpsでは激重。(^_^;

因みに、Windows 7から仮想アプリとして仮想マシンのIEを起動して使えるかと思ったがこれは出来なかった。ダイアルアップで接続を確立出来ないと出る。

2の手順を踏んでいないからモデムドライバが無い状態なのだろう。
仮想マシンをモデムを接続した状態で休止状態にしておけば大丈夫かと思ったが、これもだめ。仮想マシンが休止の状態で仮想アプリの起動は出来ず、仮想マシンを再起動してしまうので同じ状態になる。
ということで、環境構築の手順9と10は無意味だった。


一応、WS007SHをモデムとしてネットに繋がるようになった。しかし、そもそもシャープが64bitのモデムドライバさえ提供してくれればこんな面倒なことをしなくて良いし、5GBものHD容量を無駄に使うこともないんだよなぁ。(-_-)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年9月 »