« 休煙1ヶ月 | トップページ | 震災日誌 12日 »

震災日誌 11日

PCに向かっていたら突然大きな揺れが襲ってきた。軽いものがバタバタ倒れ、ブラウン管テレビや冷蔵庫といった重いものは位置がずれた。よく見るとデカい温水機も土台からずれている。PCは液晶モニターも本体も倒れずにすんだが、作業中に電源が切れたのでハードディスクのどこかに傷がついたかもしれない。

とりあえず大事なものを持って車に退避。暫くカーナビのワンセグを見ていたが、水も電気も止まっているので近くの小学校に歩いて行ってみると校庭には避難してきた車が多数駐車していた。

一旦引き返して食料を調達するためにコンビニに行くと入店制限をしていた。レジが動かないので電卓で計算していたためだが、売ってくれるだけで有難い。水・熱いらずで食えるものを買う。

小学校に戻ると警官が立っていて避難所はいっぱいでもう入れないと言われた。車を停めるスペースはあったので「車で寝るから」と言って入れてもらう。車中でワンセグを見ていると被害の甚大さが明かになってくる。津波に飲み込まれる街、空港、そして我が故郷。

|

« 休煙1ヶ月 | トップページ | 震災日誌 12日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 休煙1ヶ月 | トップページ | 震災日誌 12日 »