« 震災日誌 14日 | トップページ | 震災日誌 16日 »

震災日誌 15日

朝早く、最初に給水した小学校に給水に行った。先日のように汲み取りではなく給水車による5リットル制限の給水だった。給水車は滋賀県から来た援助隊。有り難いものだ。

ガソリンはあるのだが灯油の残りが心許なくなってきたので馴染みのスタンドに行ったら設備が壊れていて明後日までは販売できないと言われた。
営業しているスタンドを探し回っても長蛇の列の後ろのほうに並ぶことになるし、後々のことを考えたらガソリンも節約しなければならない。電気は来ているので暖房はストーブからエアコンに切り替えることにする。

昼前に業者が水漏れの調査にやってきた。早いとこ直してくれれば良いのだが。

午後は雨が降っていたので、ペットボトルを持って歩いて給水に行ったら制限無しだった。朝早くから別の小学校まで給水に行った意味が無かったような。

髪がベタついてきたので頭を洗ったが、冷たい水を被ったら頭痛がしてきた。シャンプーも濯ぎきれてないような気もする。

雨が降っているので今日の夕食はご飯を炊いた。冷蔵庫にある食材が大丈夫か不安だったが、冬だから消費期限内なら大丈夫だろうと食ってみる。

22:35頃静岡で震度6強の地震発生。大丈夫か?日本列島。

|

« 震災日誌 14日 | トップページ | 震災日誌 16日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 震災日誌 14日 | トップページ | 震災日誌 16日 »