« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

UI部品の汎用部品化

AndroidでViewから派生して作った独自UI部品をWindowsのActiveXのような感じで複数のアプリから利用出来るようにするするにはどうすれば良いのか?
公式ドキュメントは英語だし、和訳しているサイトを参照しても詳しい記述が見つけることができなかったが、ネットで探し回ってやっと方法がわかった。

以下がその方法で、今後のための備忘録。


汎用部品とする側

・使わないアイコンやレイアウトといったリソースをすべて削除する。
・AndroidManifestからapplication以下を削除する。

・プロジェクトを右クリックしてエクスポート → JAR File → 下記のように設定して適当なフォルダにエクスポートする。


使う側

・プロジェクトのプロパティを開いて、Java Build Pathノード、LibrariesタブでAdd External JARsをクリックして使用するJAR Fileを選択する。

・クラスをインポートする。


別々のアプリで利用した状態

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »