« 2014年5月 | トップページ | 2015年7月 »

ビデオカードが壊れた そして復活

フライトシミュレーターを始めると、間もなくして画面が消えてPCが再起動するようになってしまった。
PCケースのカバーを開けてみたらビデオカードのファンが回っていなかった。

GTX660を積んだPALITの製品で、PCの電源投入直後は回転するものの直ぐに止まってしまう。
この動画と似た状況だ。
ただ向こうは回ろうとしている感はあるけど、うちのはまったく無反応。

それでもWebブラウジングなど普通の操作には特に問題はない。カード付属のユーティリティーを開いてみるとコア温度の上昇も極僅か。

一時はビデオカードの交換も考えたけど、ファンだけの問題なので少ない出費で何とか出来ないかとやってみた。

電源投入時には回転するのでカードのファンコントローラーの問題だろうと判断して、ファンケーブルを直接電源に繋ごうと思ったらコネクタの形状が合わずそのままでは繋げない。
電源側のピンを細工して挿したり抜いたりしていたら、電源投入時も回らなくなってしまった。(^_^;

仕方が無いのでファンを交換することにした。
元々のファンはカードのカバーに3本のステーで直付けされているのでこれをぶった切って、買ってきた80mmの薄型ファンをネジ止めで装着。
本当はもう一回り大きいファンにしたかったのだけど薄型のものが置いていなかった。

しかし、この薄型ファンでもそのままではヒートシンクに当たって基盤に装着できない。
そこで、ネジ穴の所に長さ1cmに切ったアルミ管をかまして基盤と無事合体。

フライトシミュレーターを起動してビデオカードの状態をモニターしてみると、コア使用率95%程度、コア温度60℃で安定している。
GTX660が何度位まで安定動作するのか分らないが、暫くこのまま使ってみてまたトラぶったらカード交換かな。
その時はPALITのはやめよう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2015年7月 »