« 久々のPC組み立てでハマった | トップページ | トラックバック・ポリシー »

新PCケース SHA-T3W

i7-4790Kはかなり発熱するらしい。なのでCPUクーラーは冷えると評判の虎徹を付けることにしたのだが、このクーラーはかなりでかくて高さが160mmもある。
また、設置場所の関係から高さが430mm以下でスイッチ類がなるべく低い場所にあるケースでなければならない。

この条件で探すと選択肢がかなり限れるが、その中からSHA-T3Wというケースを選んだ。
少し心配だったが虎徹も収まり、前面のファンが光ってけっこう良い感じ。

しかし、ちょっと残念な点も。ケース上部にあるLEDのケーブルがペリフェラルコネクタになっていて電源に直結するしかない。これではPCをスリープにした時に消灯してしまってスリープ状態なのか電源オフ状態なのかわからない。

何か無いかと過去のPCの遺物を漁ってみたらファンかなにかのコネクタが見つかった。
このコネクタ、突起部分を削るとマザーボードのPOWER LEDピンにぴったり。
で、このコネクタと別にあまっていたペリフェラルコネクタで中継ケーブルを作成。

この中継ケーブルを介してケースのLEDのケーブルをマザーボードのPOWER LEDピンに挿すことでスリープ状態の時にはLEDが点滅するようになった。

|

« 久々のPC組み立てでハマった | トップページ | トラックバック・ポリシー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90249/63735687

この記事へのトラックバック一覧です: 新PCケース SHA-T3W:

« 久々のPC組み立てでハマった | トップページ | トラックバック・ポリシー »